単身赴任サラリーマン月10万円生活日記

兵庫県に単身赴任サラリーマンのブログです。

実家は良いなぁ

単身赴任先から滋賀のアイドルライブ後、

草津PA車中泊をし、旅行気分を味わって、我が家へ。

滋賀から1時間位で帰れるけど、せっかくの

連休なので気分転換。サービスエリアで

ご飯食べたり、コインシャワーで

さっぱりするのもたまには良い。


f:id:tanshinfuninhyogo:20220816074521j:image

来年は土日ともに滋賀のイベント行こう。

 

愛知県も暑い。たまらん。

墓参り行ったり、単身赴任先への

お土産を買いに行ったりした。

マイナンバーカードの電子サインの

有効期限通知きたので、市役所行った。

昼前だったから食堂初めて行ってみた。

やはり、安いです。


f:id:tanshinfuninhyogo:20220816075737j:image


f:id:tanshinfuninhyogo:20220816075752j:image


f:id:tanshinfuninhyogo:20220816075808j:image

カツカレー注文しました。カツ揚げたて。

市役所の食堂穴場です。

 

単身赴任先でも一日中家にいる時あるけど

1人だと楽だけど、なんかなぁ、

の気分になる。

嫁とか子供とかと一日中家にいる時は

別に一日中家に籠もって、なんかなぁ、

とかの気分にならない。

大事だなぁ、そういうの。

 

 

 

 

また、無料野外ライブへ

会社は連休となり、今日は滋賀県竜王町

野外ライブに行ってきました。

無料であります。

コロナで2020年と2021年が中止となり、

2019年以来です。

いかにお金を使わないかがいつも課題であり、竜王三井アウトレットパークに駐車して、歩いて会場まで。
f:id:tanshinfuninhyogo:20220814212438j:image


f:id:tanshinfuninhyogo:20220814212506j:image

アカンけどね。駐車場代3千円払いたくないし。

ライブは堪能しました。一日楽しかったー。


f:id:tanshinfuninhyogo:20220814212716j:image


f:id:tanshinfuninhyogo:20220814212739j:image

帰りにアウトレットでお土産いっぱい買いました。

 

サラリーマン住民税高いと思うなら

住民税が6月から毎月5万5千だと、

姉からメールがきた。

姉の旦那も年収、自分と変わらないとみたい。ふるさと納税は7万円したとのこと。

自分の住民税は姉の旦那の半分。

ふるさと納税と不動産投資やって

減税している。

毎月5万円住民税払うのは高いな。

とはいえ、サラリーマンが投資目的で、

不動産を購入する決断をするのは

なかなか勇気がいる。

何もしなければリスクないけど、

その代わりリターンも無い。

はじめの一歩。

 

月3万5千円小遣いサラリーマンが投資用マンション2戸購入するいきさつ6

前回の続き

サラリーマンの中で、「税金が高い」「サラリーマンでも節税したい」

「老後の資金が心配」「株式投資やめてなんかないかな」など

もやもやしてるなら、

毎月小遣いを貯め、ある程度のお金を貯め、投資用マンションの購入も

考えてみてはどうだろうか。

やはり、自分が行けるとこにない場所にあるマンションの購入は

やめたほうがいいと思う。

実際に見てもいない、なんかあってもすぐに見に行けないのに、

大金を払うのは自分は心配です。

あと、不動産の営業マンが信頼・信用できる人かどうかですね。

そこの会社よりも人が重要だと思います。

 

株式投資のように、気持ちが日々高揚することは無いけれど、

不動産投資は地に足の着いた資産運用だと実感している。

 

景気の悪化・値上げなどで節約動画などが多くなってる気がする。

不動産投資はインフレに強いと言われる。

世の中の景気が悪くなったから家賃を下げます。なんてことはない。

だから、不動産投資は、今のコロナの世の中に合っていると思う。

 

サラリーマンは、できれば自分で自由に使えるお金を増やし、

家計に迷惑をかけずに、不動産投資にチャレンジしてほしい。

株式投資はプロには勝てません。

サラリーマンならフルローンも可能。

経費のありがたみを実感。

気持ちのゆとり。

時間の余裕。

まずは、図書館で関係書物を読み、お金を貯めるなど

行動をしてみては。

 

【終わり】

 

 

 

 

 

 

月3万5千円小遣いサラリーマンが投資用マンション2戸購入するいきさつ5

前回の続き

小遣い3万5千円などの資金で、投資用マンションを購入したのは2021年11月。

2022年3月頃に不動産取得税の支払いもあり、

2022年1月に、嫁から数か月分の生活費を貰っていたけれど、

実はかなりの金欠となり、3月の確定申告での所得税還付金をかなり

あてにしていた。結局、初年度なので不動産収入より支出のほうがかなり多く、

経費計上もできるため、28万円ほど4月末には還付金が振り込まれていた。

 

※初めてみての実感

投資用マンションのメリット

・本業の所得から、不動産投資が赤字の場合、トータルできるから

  所得が少なるなるため、税金も少なくなる。多く支払っている分が

  還付金として戻ってくる。(固定資産税を払っても手残りする)

  サラリーマンでも経費使える!

・基本、何もしない。(サラリーマンには大いに助かる。本業に集中できる!)

 株式投資は、携帯で株価を見てばかりいた。やめたくても気になり見てしまう。

投資用マンションのデメリット

・空室になると、不安になる。3月末までが引っ越しシーズンだけど、

入居者の会社員さんが3月末に退去となった。

4月に部屋のクリーニング、4月中旬から入居者募集

ずっと空室のままなら、自腹でのローン支払いが続く、、、

この、先が見えない不安感は大きい。

部屋のクリーニング代は基本、オーナー持ちと聞いていたが、

支払いは結局、1万円で済んだ。入居者さんが大方支払った。

きれいに部屋を使ってくれてたんだろう。

結局、6月には新入居者さんが入ってくれたので、

自腹は4月・5月の2カ月分で済んだ。早急に決まって良かった。

家賃も変わらず。それでも入居してくれた。

不動産会社の営業マンの力量なんだろう。ありがたいです。

 

投資用マンション1戸目を購入後、実は2戸目購入も考えていた。

理由として、

①まだまだ税金が高く、還付金を増やすことで収入を増やしたい。

②老後、1戸6万円弱の家賃収入では年金の足しにするには少ない。10万円以上がいい。

③子供が2人いるため、2戸あれば平等に不動産を相続できる。 など

 

購入希望時期は2023年、単身赴任の任期が3年のため、2戸目を購入を

実家に帰る前には・・・と考えていた。

初期費用・頭金を払うお金も無いし。

だから、引き続き節約の日々。不動産投資の勉強の日々。

空室も立地や家賃などが良好だと、そんなに不安もない事が分かったし。

 

2022年4月のGWに実家に戻った際に、1戸目のマンションの様子を見に行った。

外観しか見れないけれど、4月の頃は、まだ空室だったので、

両手を合わせ、祈ったりした。

マンションで前で、購入の際からお世話になっている営業マンと落ち合い、

少し、ファミレスで話をした。

営業マン「良い物件が出た」とのこと。

私「購入する気はさらさらないし、まとまったお金も無いし。1戸目は空室だし。

不安の日々です。無理です。まだ時期が早いです。」と答えた。

とりあえず、現地を見てみようとタクシーに乗り、2人で見に行った。

15階建ての12階の1ルーム。

1戸目同様に、自分が住みたいと思う住環境。

駅近いし、商業施設も近い。治安もよさそう。うん。買いたい。

でもお金無いし。

 

提示された価格は1680万円。築浅。住居人さんはサラリーマンのよう。

今回は手付金10万円しかないため、その日に払い、仮契約をした。

これがフルローン。

後日、オリックス銀行のWeb審査もあり、融資も2回目のため、

スムーズに融資がおり、フルローンで2戸目購入となった。

3000万円の負債を負ったけれど、不安は少ない。

自宅を3500万円で購入した時は、ローン完済までずっと働かないと

いけないな。と思ったけれど、基本、投資用マンションのローン支払いは

住居人さんが代わりに払ってくれるから、3000万円は高額だけどハードルが

低く感じる。売却もできる(オーナーチェンジ)し。

 

2022年8月から投資用マンション2戸

家賃収入ー管理費ーローン支払=手残り2200円/月。

毎月2200円しか増えないと思うかもしてないが、

毎月住居人さんが家賃でローンを払ってくれることで、

私の資産を増やしてくれている。

 

3戸目のメリットが見当たらないので、2戸で十分だと思っている。

 

続きは、次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月3万5千円小遣いサラリーマンが投資用マンション2戸購入するいきさつ4

前回の続き、

2020年はコロナが流行し、2020年12月の長期連休も第3波の影響で、

巣ごもりで日々を過ごした。

12月単月で小遣い3万5千円+ボーナスの小遣いなどの収入に対して、

支出が1万円だけと、かなりお金が残る習慣が身についた。

2021年1月の支出は、4千円のみ。

   2月の支出も、9千円のみ。

2月に、兵庫県に出向を言われて、アパート探しなどでバタバタして過ごした。

3月に引っ越し。引っ越し代も家具の購入費用も会社持ちのため、無料で済んだ。

4月から単身赴任開始。

月の生活費6万5千円・小遣い3万5千円で合計10万円で一人暮らしを始めた。

嫁が心配し、4月に数か月分まとめた60万円位持たしてくれた。

株も相変わらず続けていて、保有銘柄も増えた。

4月のGWは実家に帰らず、単身赴任先で過ごした。

コロナは相変わらずで外出自粛や一人暮らしの気楽さで

家にいることが多く、株について考える時間が多くなった。

7月にこのブログを始め、ジムの会員にもなった。

8月の連休もコロナの影響でライブが中止になったりして、

やることといえば、株のことばかり・・・

保有株が下がれば落ち込み、上がってもまた下がる、の繰り返し。

9月にさらにショックを受ける追い打ちが、、、

9月3日安倍首相の辞任ニュースで日経平均が上昇したりしたけれど、

タイミング悪く、その頃は信用取引を興味本位で行い、売り注文をしたりして

損失して、メンタルにダメージを受けていた。

休日には落ち込んで一日中、ダラダラ寝て、過ごしていた。

 

9月に大阪で資産運用EXPOがあり、土日2日間行った。目的は

株の優待で有名な桐谷さんの講演を聞くため。

そこで、営業の人に話しかけられ、不動産投資ブースに行き、

不動産投資について説明を受け、その後、

数回、直接会って中古投資用マンション1戸を契約することとなった。

小遣い月3万5千円だけでは、到底まとまったお金が貯まるまで

かなりの期間がかかるけれど、4月から単身赴任での支出は

月3万円ほどと、かなりの節約家となっていて、

これもコロナの巣ごもり習慣が身についてきたんだろうと思った。

 

株は毎日、特に週末はチャート見たり四季報見て過ごしても

損することが多くなり、やめたいけれど損切りもできずにいた。

 

小遣い3万5千円で貯めたお金をもとに株をやり、単身赴任で毎月

お金を残し、それらで投資用マンションの頭金100万円と初期費用60万円を

捻出した。

8月に嫁から数か月先の生活費を前もってもらっていたから、それも

かなりの金額、支払いに充てた。

単身赴任をしなかったら投資用マンションを買うこともなかったろう。

コロナで巣ごもりがなかったら、投資用マンション買わなかったろう。

買わなかったというより、買えなかった・考えもしなかっただろう。

 

2021年12月に登記。

株は全部、売却した。日経・米株はコロナ不安で大幅安。

株を保有していたらさらに損してた。

株をやめて、気持ちと時間が軽くなった。

12月の長期連休はいつもの連休とは違い、株を考えることも無くなり、

実家で日々まったり過ごした。

2022年1月

今まで株の勉強時間を不動産投資の勉強時間に切り替えた。

 

そして、2022年5月に2戸目の契約をすることになった。

1戸目はその頃、空室となっていて、自腹でローンを払っていた。

 

続きは、次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

月3万5千円小遣いサラリーマンが投資用マンション2戸購入するいきさつ3

前回の続き

2020年2月 コロナの流行で早朝、車で通勤中薬局前でマスク購入目的の

行列を目にすることが多かった頃、

コロナの影響で、3月からのほとんどの市民マラソンやライブや

検定試験なども中止になった。

土日も外出自粛でジムの閉まって、図書館も閉まって、飲み会も無し。

ライブや検定試験などで返金があり、少しお金が貯まった。

4月末のGWは11連休となり、事前に申し込んでいたWebでの

ビジネスマネジャー検定試験の集中対策講座を聞き、勉強をして過ごした。

午前中は外をジョギングしたり、ロードバイクでサイクリングロードを走ったり

して過ごした。まったくお金使わず。このWebの講座も会社に自己啓発を申請して、

2万円全額補助してもらい、検定試験含め、自己負担ゼロ円で済んだ。

あの頃は、8月の暑い時期にはコロナ収束とか言っていたな。

インフルエンザと全然違っていたな。

あんまり日々、暇だから10年後の退職金などをシミュレーターなどやっていた。

そんなこんなでお金を使う機会もなく、コツコツためて50万円位貯まっていた。

自粛期間を活用して頭の中は、知識が貯まった。自粛だとお金が貯まっていった。

会社の給料は、2020年1月からは管理職となり、会社(経営)側の人間となるため、

基本給の中にみなし残業の賃金が加わる。だから、たまたまコロナの2月から

緊急事態で仕事が減り、定時が多くなったけれど、給料は減らなかった。

管理職は基本給が多いから、、コロナで収入が減ったと世の中で言っていたけれど。

さらに、自粛を活用して、Webでの無料税金セミナーなどで税金の勉強も始め、

ファイナンシャルプランナーの試験も受けた。

この試験代も会社の自己啓発で申請し無料で受け、合格した。

さらに、自粛を活用して、7月位には、個別株の購入なども始めた。

もともと物欲あまり無いけれど、コロナの影響で、ゴルフ・飲み会・

ライブ・セミナー・試験など何も無くなり、株を始めたら、なんでか

さらに物欲が無くなった。

8月の連休もコロナの影響で、出かけることもなく、自己啓発で時間を使った。

毎月、全然小遣い使わず。

2020年は12月までコロナもあり、お金を使わない(貯まる)習慣が身についた。

株もIPO新規の抽選が当選し、約2倍で売却したり、デイトレードで1日で

2万円とか利益が出たりして、2月の株価暴落以降、誰でも株で

利益を得ることができたんじゃないかな。

2020年12月の時点で、月小遣い3万円5千円(ボーナズは別小遣い支給)の

サラリーマンの個人資産は80万円ほどになった。

そして、その10か月後に1300万円の投資用マンションを契約することになる。。

それは、次回。